ボードゲーム

[ボードゲーム] 悪魔でお仕事 紹介

Idle hands

悪魔でお仕事は3~4人用のトリックテイキングゲームです。基本はマストフォローなのですが、リードスートを決めるカードとリードするカードが別になっているのが特徴です。

悪魔でお仕事について

カードは4スート、1~10の40枚です。1と10には特殊効果が書かれていますが、上級用ルールのため、通常ルールでは無視します。

各プレイヤーにお題カードを配ります。お題カードは表向きで各プレイヤーの前に公開されており、3人だと3枚、4人だと2枚です。

手札は3人の場合は10枚、4人の場合は8枚です。3人の場合は1枚あまるため、裏向きのままにしておき今回のゲームでは使用しません。

手札を確認したら1枚を裏向きのままお題カードの右端に追加します。全員がそろったら一斉公開して、追加のお題カードとします。

プレイヤー人数分のゲームを行うとゲーム全体の終了です。

各ゲームは複数のラウンドで構成されます。
また、ラウンドは3つのフェイズに分かれています。

ラウンドの流れ

提案フェイズ

スタートプレイヤーは自分の前にあるお題カードを1枚出します。
お題が残っていない場合、手札から好きなカードを1枚出します。

その後、手札からマストフォローに従ってカードを1枚出します。

お題カードとリードカードの2枚を選ぶことになります。

以降は時計回りにマストフォローに従ってカードを出していきます。

お題が先に出ていなければ、お題カードを出してから、それに従って手札を出します。

判定フェイズ

お題カードがリードスートのため、そのスートの中で最大のカードがトリックに勝ちます。

誰もフォローできなかった場合は、もっとも大きな数字を出した人が勝ちます。同値の場合は後出し勝ちです。

カード獲得フェイズ

トリックに勝ったプレイヤーは、得点としてそのときに出された手札カードを獲得します。獲得したカードは裏向きで自分の前に置いておきます。

その後、お題カードを手札に加えます。このカードは以降、手札として使うことができます。

カードを獲得した人が次のスタートプレイヤーになり、上記を繰り返します。

ゲームの終了

カード獲得フェイズ終了時に、いずれかのプレイヤーの手札がなくなっていればゲーム終了です。

得点計算
  • 手札 … 1枚1点
  • 手札、自分の場にあるお題、獲得したカードにある「4」「8」 … 4はマイナス4点、8はマイナス8点

次のゲームの準備とゲーム全体の終了

得点を記録したら次のゲームに移ります。

前回のスタートプレイヤーの左隣のプレイヤーをスタートプレイヤーとして、次のゲームを始めます。

人数分のゲームを行ったらゲーム全体の終了です。

合計得点がもっとも多いプレイヤーの勝利です。(通常は全員マイナスになるため、1番マイナスが少ないプレイヤーの勝利です)

マストリードのトリックテイキングゲーム

トリックテイキングの悪魔でお仕事

リードに使うカードとプレイに使うカードが別にある独特なトリックテイキングゲームです。お題がなくなると、リードプレイヤーにも関わらず、リードスートを決めることができなくなります。

今回は3人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで30分ほどでした。

手札1枚1点ですが、マイナスが4点と8点のため、基本的には全員マイナスになっていきます。そのため、いかにマイナスを押しつけるかがゲームのポイントになります。

場にあったカードが手札に戻ってくるという特殊な動きをするため、一般的なトリックテイキングとは異なる考え方が要求されます。

特定のスートがなくなるボイドが発生すると、マイナスを押しつける・押しつけられるといった状況が発生しやすくなるため、そこを上手いことやるのがポイントです。

特殊なルールのため、さまざまなトリックテイキングを遊んできた人向けのゲームかもしれません。

タイトル Idle Hands
発行年 2020年
プレイ人数 3~4人
プレイ時間 20~30分
デザイナー Fukutarou
変わり種トリックテイキングゲーム10選トリックテイキングゲームには、さまざまな種類があります。トランプを使ったものから、独自カードのまで種類豊富ですが、今回はその中でも特に個...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。