ボードゲーム

[ボードゲーム] ニャー 紹介

meow

ニャーは2~6人用のトリックテイキングゲームです。ラウンド開始時に各トリックで獲得できるチップが並べられます。チップにはプラスとマイナスがあるため、得点が取れるものは獲得し、失点するものは相手に押しつけなければなりません。

ニャー(MEOW)について

トリテのニャー

カードは3スート、1~18の全54枚です。切り札は緑固定です。

チップにはプラス点が書かれたもの、マイナス点が書かれたもの、マイナス点のチップを返せるもの、1枚だと0点だけれども2枚だとマイナス20点になるものがあります。

チップをランダムで9枚選び、表向きにして並べます。

ゲームは全3ラウンドのため、27枚すべてのチップが登場します。

手札は9枚で切り札は緑固定、マストフォローのトリックテイキングです。トリックに勝ったらチップを獲得して、次のリードを行います。これを手札がなくなるまで繰り返すとラウンド終了です。

特別なルールとして同スートの1と18が同時に出た場合は、1が強い判定になります。

スタートプレイヤーを時計回りに交代して、3ラウンド行うとゲーム終了です。

獲得したチップの得点を合計、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

シンプルなトリックテイキングゲーム

トリックテイキングのニャー

とてもオーソドックスなトリックテイキングです。ちなみに作者はライナー・クニツィアです。プラスになるトリックは獲得して、マイナスになるトリックは負けるようにプレイしていきます。

今回は3人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで30分弱でした。

この日はほとんどマイナスを取ることなく、プラスを取り続け、27対4対-13と快勝しました。2枚取るとマイナス20点がかなり大きいため、そこをいかに避けるかがポイントですね。

ルールに目新しい部分はないのですが、カードの形が特徴的です。角が丸い俵型になっていて、左上と右下に数字が書かれています。これがなかなか見づらいです。手で持つとちょうど重なるような位置に数字がくるため、「どうしてこんなデザインに……?」と感じました。

また、入れ物も箱ではなく、ポーチになっています。これも口が小さいため、カードがちょっと入れづらいです。

トリックごとに取る・取らないの選択があるため、トリックテイキングの入門としてもちょうどよさそうです。

基本ルールではあまったカードは使用しないのですが、上級ルールではプレイ人数に応じてカードを抜くため、カウンティングができるようになります。ただ、雰囲気的にもそこまでガチガチにやる感じではない気がしますね。

タイトル MEOW
発行年 2020年
プレイ人数 2~6人
プレイ時間 20分
デザイナー Reiner Knizia
Cat in the box
[ボードゲーム] Cat in the box(キャットインザボックス)紹介Cat in the box(キャットインザボックス)は3~4人用のトリックテイキングゲームです。4スートありますが、カードにはスートが...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。