ボードゲーム

[ボードゲーム] 190608 レイクホルト、ヤバラスなど

4月に届いていたヤバラスをようやく遊ぶことができました。シンプルなルールのアブストラクトで同じコンポーネントを使って他のゲームを遊ぶことができます。今回は2つ遊んでみましたが、かなりプレイ感が違っていたので残りも楽しみです。

ヤバラス

ボードゲームのヤバラス

アブストラクトゲームです。

1辺が5マスの六角形のマップに白と黒のコマを交互に置いていきます。
ちなみにそれぞれのマスも六角形になっています。

好きなところに交互に1個ずつコマに置いていくだけで、以下の条件を満たすとゲーム終了です。

  • 自分の色のコマを4つ並べると勝利。
  • 自分の色のコマを3つ並べると敗北。ただし、同時に4つできていれば勝利。
  • 勝敗が決まらないままボードが埋まってしまえば引き分け。

4つ並べると勝ちなのですが、3つ並べてしまうと負けという不思議なルールです。

そのため、上手く間を開けておいて4つ揃えるか、相手が3つ置くしかないように仕向けて勝敗を決めます。

何度かやってみましたが、4つ揃えて勝つよりも3つ揃えて負ける方が多かったです。

リーチを阻止するために置いていって、うっかり3つが揃ってしまうという感じですね。

もうちょっと慣れればまた違う展開になりそうです。

タアコカ(Taacoca)

ボードゲームのタアコカ

ヤバラスのコンポーネントを使った別のゲームです。

まずそれぞれの端にコマを並べます。コマは端から5つ、4つ、3つです。

手番では好きな自分のコマ3つを選び、すべてを同じ方向に1マス前進させます。

移動先に自分のコマがある場合は移動不可です。
相手のコマがある場合はそれをゲームから除外します。

このとき、自分のコマが3つない場合はすべてを動かしますが、動かすことができない場合は負けです。

これを交互に繰り返して、相手側の端までコマを到達させることができれば勝ちです。

3つを同じ方向に動かすというのがポイントで「これはこっちに行かせたいけど、他は相手に取られるしなぁ」という悩ましさがあります。

今回はわたしがどんどん相手のコマを除去して、残り2つまでに迫ったのですが、そのままゴールされて負けてしまいました。

なかなか変わったプレイ感のゲームです。

レイクホルト

ボードゲームのレイクホルト

1人が加わり、3人でレイクホルトをプレイしました。

アグリコラやオーディンの祝祭、ヌースフィヨルドの作者であるウヴェ・ローゼンベルクの新作ワーカープレイスメントです。

ワーカーは3つ固定で、食料供給などもありません。ラウンドごとの資源の補給もないので、テンポ良く遊ぶことができます。

大まかな流れは温室を取り、野菜を植えて、収穫をし、それをお客に振る舞うといった感じです。お客に振る舞うことでスコアトラックが進んでいき、終了時にもっとも進んでいる人がゲームに勝利します。

アクションスペースも固定ですが、ゲームで使用する支援カードはランダムです。ただ、あらかじめすべてが公開されているので、始まってしまえばほとんど運要素はありません。

最近のウヴェ作品の中ではシンプルな部類ですが、先々を見通した手を打たないとなかなか難しいゲームです。場当たり的に野菜を取っても、すぐに足りなくなって停滞してしまいます。

見た目のトーンも暗めでシブいですが、ゲーム自体もいぶし銀といった感じで、あまり派手さはありません。

しっかり計画立てて最善手を打ち続けるのが重要なゲームです。ゲーム終了時の得点計算などがなく、単純に1番進んでいた人がそのまま勝ちというシンプルなルールは最近のワーカープレイスメントではめずらしいですね。

テラフォーミングマーズ

ボードゲームのテラフォーミングマーズ

ヴィーナス拡張入りのエリシウムマップです。

みんな慣れてきたこともあり、ラウンドごとの4枚をドラフトしました。

今回の企業はマイニングギルドです。チタンや建材があるマスにタイルを置くと、建材の生産値が上がります。

ただ、せっかくの建材を活かせるようなカードがなかなか揃わず、かなり出遅れてしまいました。ただ、なぜかMEを上げるカードばかりがきたので、どんどんお金ばかりが増えていき、初めてME生産が20を越えました。

もちろんそれだけでは得点につながらないため、結果は3位でした。

そろそろ新拡張の日本語版が発売されるので、そちらも楽しみですね。

[ボードゲーム] ヤバラス(Yavalath)紹介ヤバラス(Yavalath)は2~3人用のアブストラクトボードゲームです。自分の色のコマを4つ並べると勝ちなのですが、3つ並べてしまうと...
[ボードゲーム] レイクホルト 紹介レイクホルトは温室で野菜を育てて観光客にふるまう1~4人用のワーカープレイスメントです。作者はアグリコラやカヴェルナでお馴染みのウヴェ・...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。