ボードゲーム

[ボードゲーム] 斯くして我は独裁者に成れり 紹介

斯くして我は独裁者に成れりは、司会不要脱落者なし、場合によっては嘘をつく必要すらない正体隠匿系ゲームです。

全員がすべての役職を持ってスタートするため、自分がやりたい陣営を選んでゲームができます。これまでの正体隠匿とは大きく違う、かなり変わったゲームです。

斯くして我は独裁者に成れりについて

各プレイヤーは7枚の役職カードと投票・棄票カード、投票権トークンを受け取ります。
役職カードにはそれぞれの勝利条件が書かれています。

ゲームの目的は、投票と手札の破棄を繰り返し、最後まで残しておいたカードの勝利条件を満たすことです。

ゲームは5日間あり、それぞれが3つのフェイズに分かれています。

フェイズ1:朝 ディスカッション

3分間、自由に議論を行います。

自分がどの陣営で勝とうとしているか、誰に投票するかなど、制限なく話し合うことができます。また、カードによっては複数人必要な勝利条件があるため、同盟をもちかけるといったことも可能です。

フェイズ2:昼 投票

投票フェイズでできることは、投票と棄票の2種類です。

投票は自分以外の誰かに1票を入れます。

棄票は自分も含めた誰か1人の票をゲームから除外します。
(自分の投票権トークン1つもゲームから除外します)

フェイズ3:夜 カード破棄

手札から役職カードを捨てます。

1日目と3日目は2枚、2日目と4日目は1枚です。

カードは非公開で捨てますが、全員が捨てた後にシャッフルしてから公開します。そのため、誰が何を残しているかは分かりませんが、どのカードが残っているかが分かります。

ただし、4日目は非公開のままなので、最後まで推測の余地が残ります。

ゲームの終了

5日目の昼でゲームは終了です。

そのとき、自分の手元にある1枚の勝利条件を満たしているプレイヤーの勝利です。
勝者が複数人いる場合もあります。

また、勝利者がいない場合もあります。

どれを選んでどう動くか

全員が公平な状態でスタートするので、一般的な正体隠匿とはまったく展開が違います。

正体隠匿ゲームでは誰が何の役職なのかが分からないのがゲームの大元のため、ランダムで役職が配られるのが普通です。けれども、経験者だと「この役職がやりたかった」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

斯くして我は独裁者に成れりでは、自分の意志で好きな役職を選ぶことができます。
さらに、それを自分からみんなにアピールすることも可能です。

そのため、もはや正体隠匿といっていいのかどうか分からないレベルです。

重要なのは、状況を見ながら自分の都合の良い方に議論を持っていくことです。
どの役職が捨てられていて、どの役職が残っているかを確認して、どうやれば自分が勝てるかということを模索します。

初回は4人で遊んでみましたが、なかなかよくできているなと感心しました。

最初はどうすればいいのか見当がつきませんでしたが、カードを捨てていくうちに、だんだんとどう動けばいいかが分かってきます。

ただ、役職によっては2人以上いないと勝てないものもあるため、もう少し人数がいた方がいいですね。ちなみに1箱で遊べる人数は4~6人ですが、2箱使うことで12人まで遊ぶことができます。

人数が多ければ多いほど、派閥ができて、議論も盛り上がりそうです。

今度はオープン会などで、人数が集まったときに試してみたいですね。

役職を自由に選べて、脱落者なし。司会も不要で嘘をつく必要すらないめずらしいゲームです。

AHC公式サイト:斯くして我は独裁者に成れり

5人で正体隠匿ゲームを遊ぼう人狼ゲームに代表される正体隠匿ゲームは、人数が多くないと遊べないものが多いです。けれども、大人数を集めるのは大変ですし、それなりのスペー...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。