トランプ

[トランプ] ドゥビトー 紹介

ドゥビトーはトランプ2組を使う1~4人用のゲームです。ルールにしたがって各自が4列にカードを置いていき、高得点を取ることを目指します。

ドゥビトーについて

ジョーカーを抜いたトランプ2組(52枚×2)をよくシャッフルし、各プレイヤーに8枚ずつ配ります。残りは山札として置いておきます。

手番では自分の前にある4列のうち、いずれか1列にカードを1枚置きます。序盤は列がないので、どの列にカードを置くか宣言しながら置きましょう。

各列のルール
  • 列1:スート問わず昇順(小さい数から大きい数、同数は不可)。
  • 列2:すべて同じスート。
  • 列3:スート同じで昇順。
  • 列4:すべて同じ数字。

それぞれの列は左から右に向かってカードを置いていきます。

カードを出したら山札から1枚を補充します。

もし、ルールに従ってカードを置くことができなくなったら、そのプレイヤーは終了です。これを繰り返し、すべてのプレイヤーが終了するか、すべてのカードがなくなるまでゲームを続けます。

得点計算
  • 列1:1枚1点
  • 列2:1枚2点
  • 列3:1枚3点
  • 列4:1枚4点

最後に得点計算を行い、もっとも合計得点が多いプレイヤーの勝利です。

バリアントルール:スビトー(Subito)

ゲーム内容は同じですが、手番で好きな枚数のカードを出すことができます。

その後、8枚になるように手札を補充します。

本当にそこに置いて良いの?

トランプのドゥビトー

作者はバトルラインやラー、モダンアートなどたくさんのゲームを手がけているライナー・クニツィアです。

手番ですることは、ただカードを置くことだけなのですが、どこに置けば良いのかがとても悩ましく、クニツィアジレンマが感じられます。

今回は4人でスビトーのルールで遊んでみました。

スビトーだと一手番で何枚もカードを出すことができるため、展開が早くなります。初めてということもあり、様子を見つつ1枚、2枚をプレイしていったのですが、思ったよりも早く山札がなくなり、結局誰も終了することなく終わってしまいました。

列による点数がかなり違うため、いかに3列目4列目が揃えられるかがポイントになってきます。そのため、上手いこと同じ数字のカードが集まれば大量得点が獲得できます。

トランプが2組あれば簡単に遊べるので、ぜひ試して欲しいトランプゲームです。

簡単ルールでしっかりジレンマが味わえます。
トランプゲームのまとめ
トランプゲーム一覧(現在46種類)現在、サイト上で紹介している主なトランプゲームの一覧です。 ルールの難易度を5段階で表しています。 (2019年06月25日) ト...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。