ボードゲーム

[ボードゲーム] 190907 ソレニア、十二季節の魔法使いなど

city of the big shoulders

ソレニアと十二季節の魔法使いを初プレイした後、届いたばかりのCity of the Big Shouldersをやってみました。初回ということで流れがだいたいつかめればいいかなと思っていたのですが、結局最後までやり通しました。

ソレニア

ボードゲームのソレニア

日本語版が発表されたときに、変わったボードだなぁという記憶はありましたが、どういったゲームか具体的には分かっていませんでした。

いいゲームなのでぜひという誘いがあったので3人でプレイしてみました。

各自が同じ構成の16枚のカードを持っており、手番ではそれを1枚プレイするだけです。カードは真ん中に穴が開いており、それをタイルに置くことでどの資源が得られるか分かるようになっています。

タイルで構成されたゲームボードは飛行船と共に形を変えていき、昼の世界と夜の世界が交互に表れます。

個人ボードは裏表があるのですが、能力差がある裏のボードで遊んでみました。

なるほど、確かにこれはよくできています。

どこにカードを置くかが悩ましいですし、持てる資源の数も決まっているので、効率良く送り届けていく必要があります。

わたしはコストが軽いタイルをどんどん出荷していき、得点を集めることにしました。

カードの残りが少なくなると、詰め将棋のようになり「次はこれ、そしてここで、ちゃんと出荷しきれるか?」といった計算が必要になります。「資源があと1つあれば」というシーンも多く、なかなか考えどころが多いです。

そこまで話題になっていませんが、もっと評価されてもいいゲームですね。

十二季節の魔法使い

ボードゲームの十二季節の魔法使い

カードゲームということは知っていたのですが「処理が面倒」という感想をよく見かけ、何となくプレイせずにいました。

最初に9枚のドラフトを行い、さらにその9枚を3枚ずつに分けます。3枚は初期手札、残りはゲームが進むと手札に入ります。

テキスト効果多めのカードゲームですが、進行はダイスドラフトです。

人数+1個のダイスから1つずつ選んでいき、それにより魔力を集め、カードをプレイしていきます。また、残ったダイスによりラウンドが進んでいきます。

これは今まで遊んでいなかったのがもったいないくらい面白かったですね。

カードを把握してからが勝負といった感じだったので、繰り返し遊んでみたいです。ちょうど日本語版の拡張も出たばかりなので、まとめて入手したいところですね。

City of the Big Shoulders

ボードゲームのcity of the big shoulders

Kickstarterで届いたばかりのゲームです。

ボード的に4人がベストのようですが、とりあえずルール確認ということで3人でやってみることにしました。

全員が18系の経験者ということもあり、株からの会社設立という流れや個人と会社のお金が別ということはスムーズに理解できました。

さすがに初回から完璧にルールを把握するのはほぼ不可能なので、いくつか誤っていた点もありましたが、どんな流れかは掴むことができました。あとは再度ルールを確認してから再戦に臨みたいところです。

[ボードゲーム] City of the Big Shoulders 紹介Chicago 1875: City of the Big Shouldersは、1871年のシカゴ大火から、都市の再興を目指す2~4人...
solenia
[ボードゲーム] ソレニア 紹介ソレニアは昼夜の周期を失った惑星ソレニアを舞台に住民たちに商品を送り届ける1~4人用のゲームです。手番では手札のうち1枚をプレイして資源...
seasons
[ボードゲーム] 十二季節の魔法使い(Seasons)紹介『Seasons/十二季節の魔法使い』はクシディット王国の偉大な魔法使いになることを目指す2~4人用のゲームです。コンボを考えるのが楽し...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。