ボードゲーム

第19回 大崎ボードゲーム会に参加してきました

大崎ボードゲーム会

宮城県大崎市で行われた第19回大崎ボードゲーム会に参加してきました。会場はいつもと同じ大崎市図書館です。原則マスク着用のボードゲームのオープン会です。

第19回大崎ボードゲーム会について

2022年01月16日(日)13:00~20:30に大崎市図書館(来楽里ホール) 研修室で行われました。TwiPlaで事前の参加確認がありましたが、予約なしでの参加も可能です。

感染予防のため、18歳以上の人に入場が制限されました。また、もしものときのためにフォームから連絡先の入力が必要になります。

参加費は部屋代をそのときの参加人数で割った金額で、この日は300円でした。

大崎ボードゲーム会で遊んだゲーム

ヒーフー!!

ヒーフー

4~5人用のトリックテイキングゲームです。

全9ラウンド行い、その中で2トリックだけ取ることを目指します。2トリック未満だと得点にならず、3トリック取るとその時点で脱落してしまいます。

最初に配られた手札の中から、今回使う9枚を選びます。残りは非公開で捨てるため、どのカードが使われていないのかわかりません。これにより、カウンティングがしづらくなっています。

とてもわかりやすいルールで、トリックテイキングの導入としてもちょうどいいですね。

テラフォーミングマーズ:アレスエクスペディション

テラフォアレス

カードゲーム版のテラフォーミングマーズです。

フレーバーや使用される資源はほとんど同じなのですが、アクションの進め方がヴァリアブルフェイズオーダーに変更されています。

ラウンド開始時に5つあるアクションのうち1つを選び、一斉に公開して1から順番に解決していきます。他の人が選んだアクションも行うことができますが、選んだ人には特権があります。

もともとのテラフォーミングマーズは手番で1~2アクションすることができたため、とりあえず1アクションだけやって様子を見ることができました。アレスエクスペディションでは、そういったことがなくなったため、だいぶゲームのテンポがよくなっています。

また、カードを捨てるのもアクションではなく、フリーになったため、サクサク進むようになっています。

企業ごとの能力は健在なので、カードゲーム版でも十分という人も多そうです。

[ボードゲーム] テラフォーミング・マーズ・カードゲーム:アレス・エクスペディション 紹介テラフォーミング・マーズ・カードゲーム:アレス・エクスペディションは、人気ゲーム「テラフォーミングマーズ」のカードゲーム版です。拡張セッ...

ゴーレム

ボドゲのゴーレム

さまざまなパラメータを管理してゴーレムをコントロールするゲームです。ゴーレムは勝手に進んでしまうため、制御しきれなくなると失点になってしまいます。

要素は多いですが、手番ですることはマーブルを取ってそのアクションをするか、ワーカーを配置してラビアクションをするかなので、わかりやすいです。

パラメーターを上げることで、さまざまな能力が開放されたり、強化されたりしていきます。そうして拡大再生産していき、全4ラウンドが終わるとゲーム終了です。

タイルやマーブルの出方に翻弄されつつ、最適な手を選んでいく感じです。情報量は相当ありますが、テキスト効果がないため、そこまで難しくはありません。

4人で遊び、ルール説明からプレイ終了まで3時間ほどでした。

Golem
[ボードゲーム] ゴーレム 紹介ゴーレムは、プラハのゴーレム伝説をテーマにした1~4人用のゲームです。ゴーレムを作りだして、稼働させるのですが、だんだんと暴走し始め、制...

ワーリング・ウィッチクラフト

ボドゲのワーリングウィッチクラフト

資源を変換して、隣の人に押しつける落ちものパズルのようなゲームです。

左隣からもらった素材を使って、レシピに従って変換します。できあがったものは右隣に渡します。これを繰り返していって、相手が持ちきれなくなった分が自分の得点になります。

そのため、両隣に注意を払いながら、どの素材を使って、どの素材を作り出すかを考えます。

アクションが同時進行なので、テンポよく遊べます。1ゲームもそれほど長くないため「もう1回!」となりやすいゲームです。

これは日本語版が出れば、また話題になりそうですね。

ワーリング・ウィッチクラフト
[ボードゲーム] ワーリング・ウィッチクラフト 紹介ワーリング・ウィッチクラフトは、魔女として魔法を作り出す2~5人用のゲームです。左隣からもらった素材で新たな素材を作りだし、それを右隣に...

デクリプト

デクリプト

前はオープン会のたびに遊んでいたのですが、久しぶりにプレイしました。

チーム戦で行う連想ゲームで、味方には伝わるような、相手には伝わらないようなヒントを考えます。バレてしまうと相手の得点になり、味方に伝わらないと失点になってしまいます。

絶妙なレベルのヒントを考える必要があり、なかなか悩ましいゲームです。会心のヒントを思いついたときや、相手のキーワードを見破ったときの爽快感は相当なものです。

今回は両チームとも、早々にひとつはバレてしまいましたが、残り2つで苦戦しました。結局、先に敵チームにバレてしまい、こちらの負けとなりました。

久しぶりに遊びましたが、やはり盛り上がりますね。

第19回大崎ボードゲーム会の感想

大崎ボードゲーム会

この日の参加者は8名でした。

ネット上で噂を聞いており、遊びたいと思っていたゲームを遊ぶことができたため、いい経験になりました。ワーリング・ウィッチクラフトはかなりテンポがよく、盛り上がるゲームなので、日本語版が発売されたら各地で遊ばれそうですね。

もともと大人気のテラフォーミングマーズのカードゲーム版が、どのような評価になるのかも気になるところです。

ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。