ボードゲーム

[ボードゲーム] 翡翠の商人 紹介

翡翠の商人は2~5人用の競りゲームです。場に並んだカードを分けていくのですが、カードを取ることができるのは、もっとも小さい数字を宣言したプレイヤーです。これを繰り返して獲得したカードによる得点の合計を競います。

翡翠の商人について

カードは全56枚あり、毎ラウンド8枚ずつ並べます。
全7ラウンド行うため、すべてのカードが登場します。

カードをよくシャッフルして8枚のカードを並べます。

スタートプレイヤーから順番に取りたい枚数を宣言していきます。次の人が宣言できるのは、より小さい数字だけです。

このとき、「○枚取って1枚返す」といった宣言ができます。
この宣言は0.5小さい扱いになります。

そのため、

  • 3枚
  • 3枚取って1枚返す
  • 2枚

といった順番で宣言ができます。

もっとも小さい宣言は「1枚取って1枚返す」です。

パスをしたプレイヤーはその競りから脱落します。(ハードパス)

自分以外のプレイヤーが脱落した場合、宣言した枚数のカードを獲得して、自分の前に表向きにして置いておきます。

その後、同様にまた競りを行い、誰がカードを取るかを決めます。

これを繰り返してすべてのカードが行き渡るとラウンド終了です。

山札から再び8枚のカードを並べて次のラウンドを行います。前のラウンドで最後にカードを取ったプレイヤーが次のスタートプレイヤーになります。

全7ラウンド行ったら得点計算を行い、もっとも合計得点が多いプレイヤーの勝利です。

カードの種類

翡翠

枚数によって得点が入ります。

数字がそのまま得点です。

贋金

数字がそのまま得点です。
ただし、合計値がお金の合計を上回ってしまうと0点になります。
また、贋金は場に返すことができません。

香辛料

数字の合計のマジョリティによって加算されます。

書物

セットコレクションにより加算されます。

どのカードを集めていくか

カードゲームの翡翠の商人

シンプルな競りゲームです。

一般的な競りはより大きな数字を宣言していきますが、翡翠の商人ではより小さい数字を宣言していきます。

カードによって得点の仕方が異なるので、どれを狙って、どれを諦めるかの見極めが重要です。

今回は4人で遊び、ルール説明からプレイ終了まで30分ほどでした。

やってみた感じ、4人はあまりバランスがよくないのではと感じました。

というのも、2で割り切れてしまうので競りがあっさり決まってしまうからです。

「3枚」で宣言しても勝てないので、だいたい「2枚」「2枚取って返す」「1枚」くらいの狭い幅で終わってしまいます。

そのため、3人、または5人で遊んだ方が競りの幅も広がり、獲得枚数も変わってくるので盛り上がるのではないでしょうか。

ルールはシンプルですし、どのカードを取るかという悩ましさもあります。また、誰がどのカードを持っているかが公開情報なので戦略が立てやすいです。時間もそれほどかからないので競りゲームの入門としてもいいかもしれませんね。

計算方法がいろいろあるシンプルな競りゲームです。
[ボードゲーム] 競り 特集ボードゲームのメカニズムの1つとして競りがあります。競りそのものがメインとなっているものやゲームの一部に取り入れられているものなど、さま...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。