ボードゲーム

[ボードゲーム] クラスク(KLASK)紹介

klask

クラスク(KLASK)はボードの下でスティックを動かして、ボールを相手のゴールに決める2人用のゲームです。磁石を操作して遊ぶ、エアホッケーのようなアクションゲームです。

クラスク(KLASK)について

ボードの指定された位置にに白マグネットを3個置きます。

各プレイヤーはスティックを自分の陣地に置きます。スティックは棒のような形状でボードの下のスティックと磁石でくっついています。実際に操作するのはボード下の方です。

一方のプレイヤーがサーブを行ったら、あとはどちらかが得点を取るまで、ボールを打ち合います。

得点方法

  • 相手のゴールにボールを入れる。
  • 相手のスティックに白マグネットが2個くっつく。
  • 相手のスティックが制御不能になり操作できなくなる。
  • 相手がスティックをゴールに落とした。

得点方法は、上記の4種類です。

どちらかの得点が決まったら、得点を取られた方のプレイヤーが次のサーブを行います。

ゲームの終了

先に6点を取ったプレイヤーの勝利です。

自宅で遊べるホッケーゲーム

ボードがテーブル状になっているため、かなり大きいです。

スティックでボールを打って、相手のゴールに入れるという単純明快なルールのため、お子さんでも十分に楽しめます。

ゲーム性を高めているのが白マグネットです。

これが2個ついてしまうと相手の得点になってしまうため、ボールではなく、白マグネットをぶつけるというやり方もあります。1個ついただけでもなかなかのプレッシャーです。

実際にやってみると分かるのですが、思った以上にボールが速いです。

それに対してスティックが細いため、最初は上手く当てることも難しいです。また、ボールのことばかりに集中していると、うっかりスティックをゴールに入れてしまうため、初回はラリーを続けることも困難でした。

運動神経や反射神経が要求されるため、いわゆる一般的なボードゲームとはテイストが異なりますが、ついついもう1回遊びたくなるゲームです。

クラスクは日本大会や世界大会が行われています。大会のための詳細ルールが公式サイトで公開されています。

KLASK The Magnetic Game of Skill

タイトル KLASK
発行年 2014年
プレイ人数 2人
プレイ時間 10分
デザイナー Mikkel Bertelsen
BGGリンク KLASK | BGG
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。