ボードゲーム

[ボードゲーム] オストル(Ostle)紹介

Ostle

オストル(Ostle)は交互にコマを動かし、相手のコマを落とすことを目指す2人用ゲームです。2017年秋のゲームマーケットで発売されたゲームですが、現在、ダイソーの「ボードゲーム2」のラインナップの1つとして販売されています。

オストル(Ostle)について

5×5マスのゲームボードの両端に、それぞれのコマを5個ずつ置きます。ゲームボード中央に穴コマ1つを置きます。

手番では自分のコマか穴コマ1つを上下左右に1マス動かします。

自分のコマを動かした際、移動先に他のコマがあった場合、それを押します。コマがいくつあっても同様に1マス押します。押したコマがゲームボード外か、穴コマに落ちると、そのコマを取ることができます。

コマを移動させた結果、前とまったく同じ状態に戻るのは禁止です。

穴コマはどちらのプレイヤーも上下左右に1マス動かすことができます。ただし、穴コマは押すことができないため、コマがあるところには移動できません。

これを繰り返し、相手のコマを2つ取った方の勝利です。

シンプルでおくぶかい頭脳ゲーム

ボードゲームのオストル

もともとは布のゲームボードに木コマでしたが、ダイソー版は紙のゲームボードに紙製のチップです。

手番ではコマを1つだけ動かすのですが、その結果として同時に2個、3個が動くことがあります。

動かせる穴コマゲームのアクセントになっており、これを利用して相手の移動経路を狭めたり、上手く追い詰めて落としたりしていきます。

とてもシンプルなルールですが、運要素がないアブストラクトゲームのため、はっきりと実力差がでます。

1回のプレイ時間も短いため、繰り返し遊びたくなるゲームです。

ゲームマーケットのページから、印刷して遊べる無料体験版のPDFがダウンロード可能です。

Ostle(オストル) | ゲームマーケット

タイトル Ostle
発行年 2018年
プレイ人数 2人
プレイ時間 5~15分
デザイナー Masao Fukase
BGGリンク Ostle | BGG
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。