ボードゲーム

[ボードゲーム] もっとホイップを! 紹介

piece o'cake

もっとホイップを!はケーキを切り分けて各自が取っていく2~5人用のゲームです。枚数を自由に割り振ることができるのですが、自分が最後に取ることになるのでバランス良く切り分ける必要があります。

もっとをホイップを!について

タイルは8種類あり、それぞれに数字が書かれています。その数字が得点でもあり、そのタイルが何枚あるかも表しています。また、タイルには1~3のホイップクリームがついています。

スタートプレイヤーは11枚のタイルを円形に配置します。
このとき、順番を並べ替えてはいけません。

そうしたらそのタイルを人数分に切り分けます。均等に分ける必要はなく、自由に枚数を決めることができます。

その後、スタートプレイヤーの左隣のプレイヤーから、ひとかたまりずつ取っていきます。このとき、獲得したタイルを食べるか取っておくかを決めます。

食べることにしたタイルはそこに描かれたホイップの数がそのまま得点になります。

取っておいたタイルはゲーム終了時にもっとも多くその種類のタイルを持っていると、書かれた数字が得点になります。1位が同数だった場合は、それぞれに得点が入ります。

スタートプレイヤーを時計回りに交代していき、これを5ラウンド行うとゲーム終了です。

得点計算を行い、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

食べるか取っておくか

ボードゲームのもっとホイップを!

この、切った人が最後に選ぶやり方は「ケーキの切り分け問題」とも呼ばれています。ボードゲームの中にはルールの一部にこのやり方を採用しているものもあります。

ここに焦点を当てたのが「もっとホイップを!」です。

1位になれば得点が入りますが、2位だと一切得点になりません。そのため、周りの状況を見ながら、どれを残してどれを食べるかが悩ましいです。

誰がどのタイルを持っているかは公開情報のため「あの人はこれを集めている」というのが一目瞭然です。そのため、それを踏まえてケーキを切り分けていかなければなりません。

2018年にNew Games Orderによってリメイクされた新版は箱もコンパクトになり、持ち運びも便利になりました。

テーマをピザに変えて要素を付け足した「ニューヨーク・スライス」も日本語版が発売しています。

シンプルでいながらジレンマがある見ていてお腹が空くゲームです。
[ボードゲーム] ニューヨーク・スライス・ピザ 紹介ニューヨークスライスピザは「もっとホイップを」のリメイクです。「もっとホイップを」はケーキがモチーフでしたが、ニューヨークスライスピザは...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。