ボードゲーム

[ボードゲーム] スペルキャスター 紹介

spellcaster

スペルキャスターは相手を倒すか、サファイヤを15個以上集めることを目指す2~4人用のゲームです。テキスト効果多めのカードゲームなので2人がベストかもしれません。

スペルキャスターについて

お互いの間に赤、黄、青、緑のベースタイルを並べます。山札をシャッフルして手札として3枚ずつ配ります。他に10点のライフ、2つのサファイヤを受け取ります。

手番になったら、まず開始時に発動する効果を解決します。

その後、山札から1枚カードを引いてから2アクションを行います。

アクションの種類

  • さらにもう1枚カードを引く。
  • 手札の1枚を対応するベースタイルに置く。
  • ベースタイルに置かれたカード1枚の効果を発動する。

アクションは同じものを実行しても構いません。ただし、一手番に同じカードを発動させることはできません。

カードは色ごとに効果の系統が分かれています。
赤は攻撃、黄は回復、青はサファイヤの増減、緑は特殊効果です。

これを繰り返して相手のライフをすべて失わせるか、サファイヤを15個獲得すれば勝利です。

派手な効果を打ち合うカードゲーム

ボードゲームのスペルキャスター

発動させることができるのは自分がプレイしたカードだけです。プレイする時に自分が効果を読めるように置くので、どちらのカードかは一目瞭然です。

カードにコストなどの概念がないので、序盤から強力なカードをプレイすることができます。ただし、同じ色をプレイされると上書きされてしまうので、すぐに使えなくなってしまいます。

そのため、カードの引き運はかなり強く、バランスはあまりよくありません。欲しい色が来ないと、相手に強力な効果を打たれ続けるのでどうしようもありません。

その辺が気にならなければ序盤から派手な効果の打ち合いになるので、なかなか楽しめます。手札3枚なので、それほど選択肢もなく、テンポよく遊ぶことができます。

勝ち方が2種類あるので、どっちでいくかが考えどころです。といっても、手札にこなければどうしようもないので、アドリブ感は強いですね。

ベースタイルの関係上、必ず二手に分かれて戦うことになります。そのため、3人の場合は2対1、4人の場合は2対2のチーム戦になります。バランスを考えると1対1で遊ぶのがよさそうです。

テンポ良く遊べるTCGライクのカードゲームです。
[ボードゲーム] デッキ構築 特集好きなカードを獲得して、自分のデッキを作っていくデッキ構築(デッキビルディング)は人気ジャンルの1つです。現在では、様々なタイプのデッキ...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。