ボードゲーム

[ボードゲーム] 毎日がトリックテイキング(Stichtag)紹介

Stichtag

「毎日がトリックテイキング(Stichtag)」は遊ぶ日によってルールが変わる3~5人用のトリックテイキングゲームです。卓上カレンダーがついており、日付を合わせることでその日のルールが決定します。カードの組み合わせにより366通りのゲームが遊べます。

毎日がトリックテイキング(Stichtag)について

ボードゲームの毎日がトリックテイキング

カードは6スート、0~11の72枚です。カードには数字だけでなく、いくつかのアイコンが描かれているものもあります。プレイ人数に応じて使用する枚数が変わります。

各プレイヤーに手札として12枚ずつ配り、残りを山札とします。

ゲームは切り札固定(赤色)、マストフォローのトリックテイキングです。リードプレイヤーから1枚ずつカードを出してき、トリックを取った人が次のリードを行います。

これが基本ルールになっていて、その日の日付によってルールが加わります。

  • 日付の十の位 … ゲームの目的
  • 日付の一の位 … トリックのルール
  • 月 … アイコンによる特別ルール

ルールの例

5月13日に遊んだときは以下のようなルールになりました。

十の位 3ラウンドでゲーム終了。
1トリックにつき1点。
終了時、得点が少ないプレイヤーの勝利。
一の位 ラウンドの終了時に得点が最小のプレイヤーは、得点が最大のプレイヤーの得点を追加で獲得する。最小が複数いる場合は、その全員が獲得。
「!」アイコンが描かれたカードを出したら、トリックに勝っていなくても次のリードができる。複数ある場合は先に出した方。

得点が多いほうが負けのため、できるだけトリックを取りたくないのですが、一番少ないと得点が加算されてしまうため、ほどほどに勝つ必要があります。

日替わりトリックテイキング

ボドゲの毎日がトリックテイキング

遊ぶ日によってルールが変わる珍しいゲームです。

この日は5人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで30分ほどでした。

上記のルールで遊んだのですが、思ったよりもしっかり個々のルールが機能していて楽しめました。トリックを取らないほうがいいけれども、まったく取らないと得点を足されてしまうため、状況を見ながら取っていく必要があります。

「トリックマイスター」や「オンザカーズ」など、ルールが変わるトリックテイキングはいくつかありますが、毎日がトリックテイキングはそこまで奇抜なルールにはならなそうなので、無難に楽しめそうです。

カードにいろいろなアイコンが描かれているので、それをルールにどう使うのか気になりますね。

[ボードゲーム] ON THE CARDS(オンザカーズ) 紹介ON THE CARDS(オンザカーズ)は2~6人用のカードゲームです。遊ぶたびにルールが大きく変わるので、状況に合わせたプレイングが要...
タイトル Stichtag
発行年 2021年
プレイ人数 3~5人
プレイ時間 30分
デザイナー Inka Brand, Markus Brand, Emely Brand
BGGリンク Stichtag | BGG
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。