[ボードゲーム] ヴァス・シュティッヒ 紹介

ヴァス・シュティッヒは3~4人用のトリックテイキングゲームです。お題をクリアするタイプのゲームなのですが、最大の特徴はカードを取る段階からゲームが始まることです。すべてのカードを場に並べ、そこから順番にカードを取って手札にするというめずらしいゲームです。

ヴァス・シュティッヒについて

カードは4スート、1~9です。他に、色切り札カードと数字切り札カード、さらに課題カードがあります。

課題カードには「1トリックも取らない」「最後のトリックを取る」「最大トリック数を取る」といった内容が書かれています。

スタートプレイヤーは数字カード、色切り札カード、数字切り札カードをそれぞれ別々に混ぜ、3つの山を作ります。そして、スタートプレイヤーは色切り札カード、数字切り札カードから1枚ずつカードを取り、中身を確認します。

これによりラウンドの色切り札と数字切り札が決まりますが、スタートプレイヤー以外は見ることができません。

次に数字カードを4行×9列に並べます。

スタートプレイヤーの左隣のプレイヤーが1行目から好きなカードを取ります。以降、時計回りで1枚ずつカードを獲得していきます。

この段階ではまた手札に入れず、公開しておきます。

その後、今の順番でカードがプレイされたら、誰がトリックを獲得するかをスタートプレイヤーが教えます。

全員が確認したら、今度はさらに左隣のプレイヤーが2列目から好きなカードを取ります。

上記の手順を繰り返し、全員の手札が9枚になったら、今度は課題を決めます。

スタートプレイヤー以外のプレイヤーは自分が持っている課題カードの中からこのラウンドで達成できそうなものを一斉に公開します。もし、それが達成できたら、そのカードを捨てることができます。

スタートプレイヤーは自分では課題を出しませんが、誰かが出した課題のうち、好きなものを目指すことができます。この際、どれを選ぶかは宣言しなくて構いません。もし達成できたら好きな課題カードを1枚捨てることができます。

課題が決まったらトリックの開始です。

スタートプレイヤーの左隣からリードを行い、切り札あり、マストフォローのトリックテイキングを行います。切り札は色と数字の2種類ありますが、数字の方が強いです。両方を兼ねているものは最強カードです。同じ数字が出た場合は先出し勝ちです。

これを繰り返し、4枚の課題をクリアすることができればゲームに勝利します。複数のプレイヤーが同時に達成すると、その全員の勝利です。

正確にルールを把握できていないとゲームが破綻

トリックテイキング自体は、そこまでめずらしくないタイプです。ルールもオーソドックスですし、課題も読めばすぐ分かります。

やはり最大の特徴はカードの獲得にあり、ここでミスがあるとゲームになりません。

この順番でいくと誰が勝つかというのを見ながら切り札を予測していくため、万が一1つでも間違ってしまうと矛盾が生じる恐れがあります。

ルール上、スタートプレイヤー以外は切り札が確認できないので、その人にすべてを託すしかありません。

早い段階で切り札が分かればいいですが、順番によっては、なかなか判明しないため、フワフワした状態でカードを集めることになります。

それぞれに課題があるため、とにかく強いカードを集めればいいという訳ではないのもポイントです。場合によっては、できるだけ切り札を避ける必要もでてきます。

数あるトリックテイキングゲームの中でも、群を抜いて変わったゲームです。

ここまでの変わり種なのに、よく日本語版が出たなぁと感心しますね。

わたしが所有しているのは4in1版なので、日本語版と異なる点があるかもしれません。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)