トランプ

[トランプ] 3~4人用トリックテイキング:座敷わらし

トリックテイキングの座敷わらし

座敷わらしは3~4人用のトランプを使ったトリックテイキングゲームです。座敷わらしのディールと貧乏神のディールという2つのディールを繰り返し、もっとも得点が高いプレイヤーの勝利です。3人と4人で少しルールが変わるため、今回は4人用ルールを紹介します。

座敷わらしについて

使用するカード

通常のトランプ52枚。

ジョーカー1枚を座敷わらしや貧乏神を表示するのに使用します。
最初は表向きでディーラーの前に置いておきます。

カードの強さ

 A K Q J 10 … 3 2 

ゲームの流れ

各プレイヤーに手札として13枚ずつ配りきります。

座敷わらしのディール

座敷わらしのディールは切り札がスペード固定、マストフォローのトリックテイキングです。オープニングディールはディーラーの左隣が行います。

切り札が出ていればその中のもっとも大きな数字、出ていなければリードスートのもっとも大きな数字がトリックを獲得します。

座敷わらしを持っているプレイヤーがトリックを獲得

場に出された4枚のカードを獲得して自分の前に裏向きで置きます。その後、座敷わらしを右隣のプレイヤーに渡します。

座敷わらしを持っていないプレイヤーがトリックを獲得

以下のどちらかを選びます。

a. 場に出された4枚を獲得。座敷わらしの持ち主はテーブル中央のチップを1枚獲得。

b. 場に出された4枚を座敷わらしの持ち主に渡す。その後、座敷わらしを自分の前に置く。

どの場合でもトリックを獲得した人が次のディールを行います。

得点計算
  • A K Q J 10 1枚1点
  • チップ 1枚1点

貧乏神のディール

ディーラーの左隣が新たなディーラーとなり、次のラウンドを始めます。貧乏神のディールではルールが変わります。ジョーカーを貧乏神と呼び、ディーラーの前に表向きで置きます。

貧乏神のディールは切り札なし、マストフォローのトリックテイキングです。オープニングディールはディーラーの左隣が行います。オープニングディールに限り、ハートのカードを出すことができません。

貧乏神を持っているプレイヤーがトリックを獲得

誰もチップを受け取りません。貧乏神を右隣のプレイヤーに渡します。

貧乏神を持っていないプレイヤーがトリックを獲得

貧乏神の持ち主はチップを1枚受け取ります。

どの場合でもトリックを獲得した人が次のリードを行います。

得点計算
  • ハートのカード 1枚マイナス1点
  • チップ 1枚マイナス1点
  • 最後に貧乏神を持っている マイナス3点

ゲームの終了

ディーラーを時計回りに交代しながら、前半4ディールは座・貧・座・貧、後半4ディールは貧・座・貧・座の順に合計8ディール行います。

もっとも合計得点が多いプレイヤーの勝利です。

プラスとマイナスのディールが交互にやってくる

トリテの座敷わらし

2つのルールを交互に行うめずらしいトリックテイキングゲームです。座敷わらしではプラス点を取ることを目指し、貧乏神のディールではマイナス点を避けることを目指します。

ままならないのが貧乏神のディールで、切り札がないため、貧乏神の手札が弱いとチップを取らされ続けることになります。ただ、ハートがマイナスというルールがあるため、他のプレイヤーがトリック獲得を避けてしまうと、貧乏神に勝つチャンスが訪れます。

4人で最後までやってみましたが、1プレイ80分ほどでした。結果は10対4対1対マイナス8と貧乏神で大量失点をしたプレイヤーがマイナスのまま終わりました。

座敷わらしのディールで稼ぐより、貧乏神のディールでいかにマイナスを避けるかが重要です。貧乏神以外のプレイヤーがハートで勝ち続けると、お互いに沈んでしまうため、なかなか悲惨なことになります。

3人で遊ぶ場合は使用するカードが減り、多少ルールに変更があります。

Trick Taking Party ゲーム賞2020 応募作品です。

3人でトリックテイキングゲームを遊ぼうトリックテイキングゲームは、人数に応じてさまざまなゲームがあります。 以前「5人でトリックテイキング」というテーマで記事を書きましたが...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。