ボードゲーム

アプリでボードゲームの記録をつけよう!

BG stats

いろいろなボードゲームを遊んでいると、「あれ?このゲームやったことあったっけ?」「前回これ遊んだのいつだっけ?」「あのとき誰と遊んだっけ?」と、なかなか思い出せないことが増えてきます。そんなときに記録をつけているといろいろと便利です。

そこで今回はわたしが2018年から使い続けているBoard Game Statsというアプリを紹介します。

BG Statsの特徴

Board Game Stats(BG Stats)は、iPhoneでもAndroidでも使うことができる有料アプリです。

アメリカのボードゲームサイトBGG(Board Game Geek)とデータを連動しているため、パッケージの写真などをそのまま使うことができます。また、BGGに掲載されていない国産のゲームなどは自分で登録可能です。(日本語で入力できます)

BG Statsで記録できること
  • タイトル
  • 日付
  • 場所
  • かかった時間
  • 得点
  • メモ・写真

遊んだゲームはBGGから検索して記録することができます。

遊んだ場所や人などはあらかじめ項目を登録しておき、そこから選択可能です。

タイマーも付属しているので、そのゲームを遊ぶのにどのくらい時間がかかったかも測ることができます。

BG Statsをつけていると便利な点

遊ぶたびに記録をつけていると、年末などに見返すときにとても便利です。

その年、どのゲームを何回遊んだかが分かりますし、ゲームごとの最高得点や平均得点なども自動で集計されます。

たとえば、わたしが2019年に遊んだゲームはこんな感じです。

意外にも1番回数をこなしているのはデクリプトでした。最近はオープン会のたびに遊んでいるので、自然と回数が増えますね。続いて、ギズモ、ラマ、ティーフェンタールの酒場、テラフォーミングマーズといった感じです。

どんどん新しいタイトルが発売されているので、繰り返して遊ぶタイトルはそこまで多くありませんね。

2018年はドミニオン、Welcome to、グランドオーストリアホテル、ネイションズ、究極のワンナイト人狼といった感じです。こうやって年ごとの記録が分かると、当時の流行りなども見て取れますね。

ちなみに2020年は現段階でこんな感じです。

エバーデールの異常さが際立ちます(笑)続けて、ito、タイニータウン、ドミニオン、リトルタウンビルダーズとメジャーどころが並びます。25回を越えると青色になるのは初めて知りました。

まとめ

いきなりブログを始めようとするとなかなか億劫ですが、アプリだと手軽に始めることができます。ちなみにBGGアカウントを持っていると、そちらとデータを連動させることができるので、BGGからも記録を見ることができます。

「このゲームって得点どのくらいまでいったっけ?」というのを調べられるのが意外に便利です。

記録は全項目を入力する必要はありません。いつどのゲームを遊んだかだけでも記録しておくと、後から見返すのが楽しみになります。

BGGの使い方
BGG(Board Game Geek)を使ってみようボードゲームを遊ぶようになると「BGG」という言葉を目にしたり、耳にしたりすることがあります。最近だと自分の所有ゲーム管理にボドゲーマを...
アメリカアマゾンの使い方
アメリカのアマゾンでボードゲームを買おう!最近では数多くのボードゲームが日本語化されるようになりました。賞を取ったものや特に評価が高いものは遅かれ早かれ日本語版が出ることが多いで...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。