ボードゲーム

[ボードゲーム] 地下迷宮と5つの部族 紹介

地下迷宮と5つの部族

地下迷宮と5つの部族は3~5人用のトリックテイキングゲームです。得点を支払い、カードを購入してからトリックを行います。1990年にギュンター・ブルクハルトが発表した「命中」のリメイクです。

地下迷宮と5つの部族について

カード構成は5スートで、それぞれ1~10です。他にプレイマット仕様のスコアトラックとプレイヤーコマがあります。

ゲームは3つのフェイズからなるラウンドを繰り返します。

冒険者雇用フェイズ

スコアトラックに並べられた4枚のカードのうち、1枚を購入します。右にいくほど強くなっており、コストが高くなります。カードが買われたら即時補充し、強さの順に並べ替えます。

パーティ編成フェイズ

手札からパーティを公開することで得点を獲得します。

同じ数字3枚 5点
同じ数字4枚 10点
同じ数字5枚 25点
各色1枚ずつ 5点

その後、手札の数字の合計値を発表し、もっとも小さい人が先制行動となり5点を獲得します。公開したカードは再び手札に戻します。

トリックテイキングフェイズ

先制行動を行ったプレイヤーからリードを行います。

切り札あり、マストフォローのトリックテイキングで、1トリック5点です。

ゲームの終了

上記のラウンドを繰り返し、61~70点になったプレイヤーが出たらゲーム終了です。その範囲にいるプレイヤーがゲームに勝利します。複数人いる場合は66点に近いプレイヤーが勝利します。

どのくらい得点を支払うか

カードゲームの地下迷宮と5つの部族

強いカードを手に入れるためには得点を支払わなければなりません。支払えば支払うほど勝利から遠ざかってしまうので、どのくらいで妥協するかが考えどころです。

パーティーは公開するだけで得点が入るため、それを狙ってカードを集めていくのも良い方法です。

今回は4人で遊んでみました。

公開されているカードが手札になるため、ポイントになりそうなカードを覚えておくとゲームを有利に進めることができます。この辺りはバススティッヒを思わせます。

[ボードゲーム] ヴァス・シュティッヒ 紹介ヴァス・シュティッヒは3~4人用のトリックテイキングゲームです。お題をクリアするタイプのゲームなのですが、最大の特徴はカードを取る段階か...

面白いのが得点を取りすぎてもいけないというところです。70点を越えてしまうと、再び41点まで戻されてしまうので、得点を集め直さなければなりません。

今回は同時に66点になったプレイヤーが2人いて引き分けでした。わたしはできるだけコストを支払わないで、パーティ編成で得点を集めようとしたのですが、なかなか上手くいかず最下位でした。

冒険者を集めてダンジョンに臨むというテーマがゲームにぴったりあっていますね。冒険者のイラストが50枚すべて異なるのも見所です。

めずらしい要素が詰まったトリックテイキングです。
変わり種トリックテイキングゲーム10選トリックテイキングゲームには、さまざまな種類があります。トランプを使ったものから、独自カードのまで種類豊富ですが、今回はその中でも特に個...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。