ボードゲーム

[ボードゲーム] オーディンの祝祭 紹介

a feast for odin

オーディンの祝祭はヴァイキングの長として、一族の発展を目指す1~4人用のゲームです。ワーカープレイスメントによってさまざまな形のタイルを獲得して、個人ボードに配置していきます。作者はアグリコラやカヴェルナでお馴染みのウヴェ・ローゼンベルクです。

オーディンの祝祭について

ボードゲームのオーディンの祝祭

アクションボードと各種サプライを並べます。各プレイヤーは個人ボードとワーカー、初期カードを受け取ります。個人ボードは両面仕様になっており、裏面は短時間ゲーム用になっています。

ゲームは全7ラウンド(短時間ゲームでは6)で、各ラウンドは12のフェイズに分かれています。

ラウンドの流れ

フェイズ1:新たなヴァイキング

個人ボードの饗宴トラックに置かれたワーカーを1つ取ります。

フェイズ2:収穫

ラウンドに応じて作物タイルがもらえます。

フェイズ3:探検ボードの反転と銀貨の配置

ラウンドに応じて探検ボードが裏返されます。
残った探検ボードには2銀が乗ります。

フェイズ4:新たな武器カードの獲得

山札から武器カードを1枚獲得します。

フェイズ5:アクション

スタートプレイヤーから時計回りに1アクションずつ行っていきます。

ワーカープレイスメントですが、アクションスペースによって必要なワーカーの数が違います。

フェイズ6:スタートプレイヤーの決定

アクションフェイズで最後にアクションを行ったプレイヤーが、次のラウンドのスタートプレイヤーになります。

フェイズ7:収入

個人ボードの収入斜線に応じて収入を得ます。
探検ボードを獲得している場合は、それの収入も獲得します。

フェイズ8:家畜の繁殖

同種の家畜が2頭以上いると、1頭が妊娠状態になります。妊娠状態の家畜がいる場合は新たに1枚家畜を獲得して、妊娠状態から戻します。

フェイズ9:饗宴

食料供給です。饗宴トラックを満たすように食料タイルを置きます。

支払えなかった場合はシングの罰則として、1トラックにつきマイナス3点です。

フェイズ10:ボーナス

個人ボードに描かれた物品マスがタイルで囲まれていれば、それを受け取ります。

フェイズ11:山岳タイルの追加と更新

山岳タイルの補充を行います。

フェイズ12:ヴァイキングコマの回収

ボードに配置されたワーカーをすべて手元に戻します。

ゲームの終了

最終ラウンドのフェイズ9まで行うとゲーム終了です。

得点計算を行い、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

膨大な選択肢があるワーカープレイスメント+パズル

ボードゲームのオーディンの祝祭

まず前提としてかなりのスペースが必要になります。

アクションボード、ホームボード、船のサプライボード、探検ボード、特殊タイルのサプライボード、山岳タイルとあり、物品タイルは専用ボックスに入っています。さらにゲーム中に職業カードをプレイしていくため、その分のスペースが必要です。

アクションスペースにワーカーを配置するワーカープレイスメントなのですが、その選択肢が最初から60以上あります。

物品タイルは30種類もあり、その上、190種類の職業カードがあります。

初回はその物量の多さに圧倒されてしまいます。もちろん箱の厚さも相当なものです。

ワーカーを配置し、タイルを獲得して、それを個人ボードに配置するというのが主な流れなのですが、とにかく選択肢が膨大なため、初めは何をしていいのか戸惑ってしまいます。

けれどもゲームが進むにつれて「あ、こうすればいいんだ」というのが分かってきて、そこから加速度的に面白くなっていきます。

また、この手のゲームにしてはめずらしく、運要素がそれなりにあります。

たとえば、襲撃や略奪、狩猟などはダイスによって成功か失敗かが決まります。資源が置かれる山岳タイルもランダムで登場するため、必ず欲しい資源が手に入るとは限りません。

ボードへのタイル配置はパズル要素が強いです。タイルの色によって置き方のルールが違う上、形もさまざまなので、上手いこと収まるととても気持ちがいいです。

とにかく要素が多いので、人によっては「もうお腹いっぱい……」と感じるかも知れません。ボリュームの多さはウヴェ・ローゼンベルク作品の中でも随一です。(ちなみにオーディンの祝祭以降は、ヌースフィヨルド、レイクホルトとシンプルなワーカープレイスメントを手がけています)

この物量を乗り越えることができれば、何度でも遊びたくなるとても魅力あるゲームです。

タイトル A Feast for Odin
発行年 2016年
プレイ人数 1~4人
プレイ時間 30~120分
デザイナー Uwe Rosenberg
ウヴェ・ローゼンベルク特集
[特集]ウヴェ・ローゼンベルク(Uwe Rosenberg)ボードゲームデザイナーの中でも特に人気があるウヴェ・ローゼンベルクのゲームをまとめてみました。最近だとワーカープレイスメントやパズルゲー...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。