ボードゲーム

[ボードゲーム] フォート 紹介

Fort

フォートは子供の秘密基地作りをテーマにした2~4人用のゲームです。オモチャやピザで友達の助けを借りて、最高の秘密基地を作ることを目指します。デッキ構築要素がありますが、他のプレイヤーにカードを取られてしまうことがあります。

フォート(Fort)について

ボードゲームのフォート

各プレイヤーに個人ボードとサマリーを配ります。ボードごとに能力の違いなどはありませんが、初期カードとなる親友カードが異なります。

ゲームは誰かが終了条件を満たすまで手番を繰り返します。

手番の流れは以下の通りです。

手番の流れ

1.裏庭にあるカードを捨てる

誰にも取られずに残ったカードを捨て札にします。

2.手札を1枚プレイする

手札を1枚プレイします。同じスートのカードを付加カードとして出すことで効果が強まるものもあります。

他のプレイヤーは同じスートのカードを捨てることで、アクションをフォローすることができます。

3.友達1枚の獲得

公園(場に並んでいるカード)、他プレイヤーの裏庭、山札の一番上のいずれかからカードを1枚獲得して、自分の捨て札に加えます。

4.カードの処理

プレイしたカード、付加カード、手札にある親友カードは捨て札にします。残った手札は裏庭に表向きで並べておきます。

5.山札からカードを引く

カードを5枚引いて手札にします。山札がなくなった場合は、捨て札をシャッフルして新たな山札を作ります。

ゲームの終了

ゲームの終了条件は以下の3つです。

  • 誰かが勝利点トラックで25点以上になる
  • 誰かの秘密基地レベルが5になる
  • 山札がなくなる

終了条件を満たしたら、そのラウンドを最後まで行い、もっとも勝利点が多いプレイヤーの勝利です。

実際のゲームの様子

カードをプレイして、オモチャやピザといった資源を集め、それを秘密基地のコストにしたり、得点化したりするのが主な流れです。

カードには同じアイコンを揃えることで強化されるものがあるため、その辺りを考えてデッキを組んでいくことになります。ただし、その手番に使わなかったカードは裏庭に行ってしまうため、他のプレイヤーに取られてしまう可能性があります。

また、木の上(個人ボード左)にカードを重ねることで、恒久的にアイコンの数を増やすこともできます。

ただし、いずれもアクションをするためのカードが必要なため、やりたいときにやりたいアクションができるとは限りません。

ゆるめのデッキ構築

ボドゲのフォート

デッキ構築要素はありますが、そこまで強くはありません。

というのも、獲得できるカードは何がでるかわかりませんし、集めたカードを取られてしまう可能性もあります。また、欲しいカードがなくても1枚は取らなければなりません。そのため、思ったようなデッキを組むのはなかなか難しいです。

今回は4人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで1時間ほどでした。

メインとなる友達カードはアイコン表示なので言語依存はありません。ただ、条件を満たすことでもらえる「おきてカード」や「特典カード」がテキスト効果になっています。

独特なルールですが、個人ボードに流れが書いてあるため、その通りにやっていけば問題ありません。アイコンもそれなりに種類がありますが、サマリーを見れば理解可能です。

今回は全員が秘密基地を上げる展開になったため、スコアボードは最後までほとんど使用しませんでした。わたしは、あと1つ資源があれば秘密基地を最大までレベルアップできたのですが、そのままゲーム終了で負けてしまいました。

プレイ感はかなり軽いです。

また、先々まで見通してプレイングするというよりかは、その場その場でベターな選択肢を選んでいくタイプのゲームです。デッキを崩されてしまう要素があるため、好みは分かれそうですね。

タイトル Fort
発行年 2020年
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 20~40分
デザイナー Grant Rodiek
BGGリンク Fort | BGG
デッキ構築
【2021年度版】オススメのデッキ構築 15選今回は人気ジャンルであるデッキ構築のオススメゲームの紹介です。カードだけでなく、ダイスやチップなどを使ったバッグビルディングのゲームも含...
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。