ボードゲーム

[ボードゲーム] 200906 イッツアワンダフルワールド、テラミスティカ

Terra Mystica

2週間で4回目のテラミスティカ4人戦です。すべて4人戦ですが、プレイヤーの組み合わせが違うため、毎回ルール説明しています。

イッツアワンダフルワールド:戦争か平和か

もう1人が合流する前に、3人でイッツアワンダフルワールドの続きをやりました。今回はシナリオ4です。

シナリオ4では、これまでになかった新たな要素がまた加わります。しかし、ルール上ほとんど変わりがありません。ゲーム中もそこまで頻繁に活用する感じではありませんでした。

拡張のシナリオも残すところ、あと1つとなりました。

果たして最後はどうなるのでしょう?

テラミスティカ

ボードゲームのテラミスティカ

氷と炎、商人たちの両方を入れての4人戦です。1人は6年程前に基本を1度プレイしたっきりのため、最初からすべてのルールを説明しました。

氷と炎のマップで、種族はランダム、初期点はルールに書かれている得点です。

スウォームリング、イエティ、アコライト、エンジニアの4つに決まり、わたしはエンジニアを使用しました。

エンジニアはアクションによって橋を建てることができます。また、他の種族と比べて建築コストが安いのが特徴です。

また、エンジニアは2つめの神殿を建てると司祭ではなく、パワー5が収入としてもらえます。そのため、今回は早めに神殿を2つ建て、そのパワーを使って掘り進めることにしました。

ただ、ここでネックになるのがイエティの存在です。

イエティは1軽減でパワーアクションを行える上に、砦を建築すると何度でも同じパワーアクションが使えるようになります。そのため、使おうと思ったアクションが先に使われてしまいます。

こうなるともう後手に回るしかなく、どんどん得点も離されていきます。それを横目にスウォームリングが領地を広げて、最終時のボーナスを狙います。

結果、わたしは3位に終わってしまいました。前回は大差で4位だったので、それに比べると、いくらかマシですね。

短期間に回数を重ねたので、だいぶテラミスティカ欲が満たされました。
次回は他のゲームをやろうかなと思います。

Terra Mystic Fire&Ice
[ボードゲーム] テラミスティカ:氷と炎 紹介テラミスティカ:炎と氷は、テラミスティカの第一拡張セットです。新しいマップと勢力が加わり、最終得点計算の種類が増えます。遊ぶためにはテラ...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。