ボードゲーム

[ボードゲーム] 十二季節の魔法使い 拡張:魅ノ国 紹介

seasons enchanted kingdom

魅ノ国は、Seasons 十二季節の魔法使いの第1拡張セットです。パワーカードの種類が増えるだけでなく、いくつかの新たな要素が加わります。

十二季節の魔法使い 魅ノ国について

パワーカード

新たに20種類(40枚)のパワーカードが加わります。

魅ノ国のアイコンがついているので、どのセットのカードか区別がつくようになっています。

エンチャントカード

全員に影響を及ぼすルールカードです。

10種類あり、そのうちの1枚を使用します。

年ごとのカードを3枚ではなく4枚にしたり、18枚のカードからドラフトをせずに9枚を選んだり、新たなボーナスアクションが加わったりと、ゲーム性が大きく変わります。

ランダムで1枚を選んでも良いですし、どれを使うかを話し合っても構いません。

特殊能力トークン

プレイヤーごとに特殊な能力が備わります。

準備段階で3枚ずつ特殊能力トークンを配り、その中から1枚を選びます。

特殊な能力はプラス効果だけど使うとマイナス点になるもの、マイナス効果だけど使うとプラス点になるものなど、さまざまな効果があります。

さらに展開が多様に

ボードゲームの十二季節の魔法使い魅ノ国

大きな変化が加わる拡張です。

エンチャントや特殊能力があると、同じカードセットでも取るべき戦略が変わってくるので、基本を何度も遊んだという人も新鮮な気持ちで遊べるはずです。

経験者同士2人で遊んでみたのですが、この拡張は絶対にあった方がいいという結論になりました。

単純にパワーカードが増えるのはもちろんありがたいのですが、個人ごとに違う能力を持つのが面白いですね。3つのうちどれを選ぶかという楽しみが加わります。

また、地味にうれしいのが開始プレイヤートークンです。

十二季節の魔法使いではスタートプレイヤーがラウンドごとに変わるのですが、基本セットではそれを示すトークンがありませんでした。そのため、ポーカーチップなどで代用していたのですが、拡張でちゃんとトークンが追加されています。(できれば基本セットで入れておいて欲しかったですが)

それから特殊能力トークンは個人ボードの穴にはめるのですが、大きさがかなりギリギリです。無理矢理入れると抜けなくなるレベルなので、浮かせておくか、ボード横に置いていた方がいいかもしれません。

十二季節の魔法使いをさらに楽しみたい人には必須の拡張セットです!
seasons
[ボードゲーム] 十二季節の魔法使い(Seasons)紹介『Seasons/十二季節の魔法使い』はクシディット王国の偉大な魔法使いになることを目指す2~4人用のゲームです。コンボを考えるのが楽し...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。