ボードゲーム

[ボードゲーム] ヴィレッジグリーン(Village Green)紹介

Village Green

ヴィレッジグリーンは誰よりも名誉ある庭園を造ることを目指す1~5人用のカードゲームです。手番ではグリーンカードかアワードカードをプレイして4×4の庭園を造っていきます。

ヴィレッジグリーン(Village Green)について

グリーンカードとアワードカードをシャッフルして2つの山札を作ります。その後、プレイ人数に応じ、中身を見ずにカードを抜きます。

各プレイヤーにヴィレッジカードを1枚ずつ配ります。これが4×4のうちの、左上のカードになります。

その後、手札として3枚ずつグリーンカードを配ります。

さらにアワードカードを3枚ずつ配りますが、これは手札ではなく、ヴィレッジカードの横に好きな順で並べます。

ゲーム中も手札になるのはグリーンカードだけで、アワードカードは手札になりません。

グリーンカードとアワードカード、それぞれの山札から3枚をめくり、表にして並べておきます。カードが引かれた場合は即座に補充し、常に3枚になるようにします。

スタートプレイヤーから順番に終了条件を満たすまで時計回りに手番を繰り返します。

手番で行うこと

A.グリーンカードを引いてプレイ

場にある3枚か山札の1番上からグリーンカードを1枚引き、手札に加えます。

その後、自分の場にグリーンカードを1枚プレイします。

どこから置いても構いませんが、隣接するカードと花の種類(バラ、ペチュニア、ユリ)か色(赤、紫、黄)またはその両方が一致している必要があります。

もし置くことができない場合は、手札からグリーンカード1枚を山札の1番下に戻します。

B.アワードカードを引いてプレイ

場にある3枚か山札の1番上からアワードカードを引き、自分の場にプレイします。アワードカードが置けるのは一番上3つか左端3つです。

グリーンカードは上書きできませんが、アワードカードは上書きすることができます。

特殊:ヴィレッジカード

ゲーム中に1回、ヴィレッジカードを裏返すことで以下のいずれかのアクションを行うことができます。ヴィレッジカードは表のままだと終了時に1点になります。

  1. 場に並んでいるグリーンカードかアワードカードを好きな順番で山札の下に戻し、新たに3枚をめくり、通常のアクションを行う。
  2. グリーンカードを通常のように1枚引き、上書きするように置く。ただし、色や種類の条件は満たすこと。

ゲームの終了

以下のいずれかの条件を満たしたら、そのラウンドを最後まで行いゲーム終了です。

  • 1人のプレイヤーがグリーンカードを9枚置ききる。
  • グリーンカードの山札がなくなる
  • アワードカードの山札がなくなる

得点計算を行い、もっとも合計点が多いプレイヤーの勝利です。

組み合わせを考えながら得点を増やす

カードゲームのビレッジグリーン

グリーンカードは左上に配置条件となるアイコンが、下には追加効果をもたらすアイコンが書かれています。

アワードカードには得点の条件が書かれています。条件は指定のアイコン1つ○点といったものから、該当するアイコンがあるとマイナスといったものまで、さまざまなものがあります。

そのため、配置条件を満たしつつ、高得点になるように上手くカードを置いていく必要があります。そのため、かなりパズル要素が強いです。

今回は3人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで30分ほどでした。

やることは引いて置くだけなので簡単ですが、得点のことを考えるとかなり悩ましいです。縦の条件と横の条件が異なるため、上手く両方を満たすような置き方を考えなければなりません。

グリーンカードはアイコンのみで、アワードカードにはテキストがあります。ただ、ほとんどアイコンで理解可能なので、簡単な英語が分かれば日本語化の必要は特にありません。

ハイスコアを目指すゲームなので、ソロでも十分に楽しめそうです。

今だとアマゾンで送料込み2000円しないで買えます。
タイトル Village Green
発行年 2020年
プレイ人数 1~5人
プレイ時間 30分
デザイナー Peer Sylvester
[ボードゲーム] THE KING IS DEADを初プレイした感想THE KING IS DEAD(キングイズデッド)は、ブリテン島を舞台とした影響力争いのゲームです。アーサー、モルドレッドといったレジ...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。