ボードゲーム

[ボードゲーム] 呪術トリック 紹介

呪術トリック

呪術トリックは3~4人用のトリックテイキングゲームです。トリックに勝つと、そのカードのスートに呪われてしまいます。呪いが重なると得点がどんどんなくなってしまいます。上手く呪いを避けて、高得点を取ることを目指します。

呪術トリックについて

カードは4スート、1~14の合計56枚です。4人で遊ぶ場合は4スート、3人で遊ぶ場合は3スート使用します。

ゲームの流れ

カードを配る前に、4人のときは4枚、3人のときは3枚カードを抜きます。その後、各プレイヤーに手札を配りきります。

マストフォローのトリックテイキングです。切り札はありません。リードスートのもっとも大きな数字を出した人がトリックを獲得します。このとき、出したスートに呪われることがあります。

出したカードは呪いカードとして獲得したトリックとは別に分けておきます。以降、同スートでトリックに勝った場合、すでにある呪いより数字が大きいと呪いが移ります。(その人の呪いが上書きされる場合もあります)もとの呪いカードは裏向きにして獲得トリックに加えます。

もとの数字よりも低い数字だと呪いは移らず、そのままです。

呪いの解除

リードスートをフォローしており、その中で最小の数字を出した人は呪いを1つ解除することができます。ただし、リードプレイヤーは不可です。また、1のカードでも呪いを解くことはできません。

これを手札がなくなるまで繰り返します。

得点計算とゲームの終了

持っている呪いの数によって得点方法が変わります。

1スート 同色のカードは得点になりません。
2スート 獲得したすべてのカードが得点になりません。
3スート 獲得した瞬間にラウンドが終わり、プレイ人数に応じたマイナス点を受けます。

呪いがない場合は獲得したカードを1枚1点として計算します。

ミゼール(0トリック)の場合は10点です。

4ラウンド行い、合計得点がもっとも多いプレイヤーの勝利です。

勝つと呪いを受けるトリックテイキング

トリテの呪術トリック

呪いが移動するという点で、ボトルインプを思わせます。あちらは低い数字を出すことでボトルが移動しましたが、このゲームでは高い数字を出すことで呪いが移動します。

4人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで30分ほどでした。

多くのトリックテイキングでは、手札の強さがそのまま結果につながります。呪術トリックでは、その辺りを何とかしようとする工夫がいろいろと感じられます。ただ、そうした要素をどんどんつけ加えていた結果、直感的に分かりにくいルールになっているように感じました。

強いカードを使うと呪われる、かといってトリックを取らなければ得点にならない。そういったジレンマを感じさせようとする意図は分かるのですが、そこまで到達するまではある程度の慣れが必要でしょう。

ゲームマーケットの紹介ページにトランプでプレイしても構わない旨が書かれているので、気になった方は遊んでみてもいいかもしれません。(ルールも公開されています)

タイトル 呪術トリック
発行年 2019年
プレイ人数 3~4人
プレイ時間 20~30分
デザイナー ろれるり堂
[ボードゲーム] ボトルインプ 紹介ボトルインプは2~4人用のトリックテイキングゲームです。ボトル駒がプレイヤー間を行き交い、最後にボトル駒を持っていたプレイヤーは、それま...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。