ボードゲーム

2018年に遊んだトリックテイキングゲームまとめ

今年もあと1ヶ月弱となったので、現段階までに遊んだトリックテイキングゲームをまとめてみます。その中から面白かったもの、印象に残ったものをピックアップしてみました。

※この記事はTrick-taking games Advent Calendar 2018の7日目の記事として書かれました。

2018年ピックアップ5作品

インダルジェンス

3~4人用のトリックテイキングです。

親によって決められた勅令カードがあり、それを破ってしまうと罰金を支払わなくてはなりません。ただし、それを逆手にとって叛逆することが可能で、ハイリスクハイリターンの勝負をしかけることができます。

基本は切り札なしマストフォローのトリックテイキングですが、勅令の組み合わせによって違ったプレイングが要求されるため、新鮮な気持ちで遊ぶことができます。

宝石トークンや指輪といったコンポーネントが凝っているのも特徴です。

テキサスショーダウン

3~6人用のトリックテイキングです。

カード構成が特殊で、スートごとに数字が分かれています。そのスートにどんな数字があり、そのカードが何番目の強さかはカードに書かれているので特に覚える必要はありません。

マストフォローのトリックテイキングなのですが、少し変わっています。

フォローできない場合、好きなスートを出すことができるのですが、以降のプレイヤーはそれまでに出されたスートのどれかをフォローしなければなりません。たとえば、リードが紫で、次の人がフォローできずに黒を出すと、その次の人は紫か黒のどちらでもフォローができるようになります。

さらにトリックの勝敗は、もっとも多く出されたスートの1番大きな数字と、こちらも独特です。

トリックを取らないことが目的なのですが、このフォローの妙により、思わぬタイミングでトリックを取ってしまうことがあり、盛り上がります。

リードスートではなく、多く出されたスートが勝つというのもポイントで、最後手番の人が特定のプレイヤーを狙って、トリックを取らせることも可能です。

モンスカート

3人用のトリックテイキングです。

ドイツの代表的なトリックテイキングであるスカートをベースにしており、複雑な要素をバッサリ削って、かなり遊びやすく仕上がっています。

ビッドをボード上で行ったり、ポイントになるカードは表にして置いておいたりと、スカートを遊ぶ上でハードルが高かった部分が分かりやすく再構築されています。

それでいながら、スカートのエッセンスはしっかり含まれており、トリックテイキングならではの楽しさを感じることができます。

3人用トリックテイキングゲームとして現在イチオシです。

ピココ

3~5人用のトリックテイキングです。

カードがクジャクの羽を模しており、スートごとに裏面の色が異なります。カードスタンドが付属しており、自分の手札は見ることができません。ただし、他の人の数字はすべて分かります。

こういったかなり変わった状況で、誰が何トリック取るかを当てます。

見た目のインパクトが強いですが、実際はどの順番でカードがでると、誰がどのくらい勝つかをしっかり把握しておく必要があり、トリックテイキングに慣れた人向けのゲームになっています。

妖怪セプテット

3~4人用のトリックテイキングです。
3人だと個人戦、4人だと2対2のチーム戦になります。

7スート、7枚ずつですが、それぞれの数字の幅が違います。すべてのスートに7のカードが含まれており、これがボス妖怪です。

ゲームはボス妖怪を4枚集めることを目指すのですが、集める前に7トリック獲得するとゲームに負けてしまいます。カードを集めることが目的なのに、取りすぎると負けてしまうのが絶妙で、一手一手が非常に重いです。

最初のリードはAのカードを持っているプレイヤーなのですが、Aのカードは最強です。そのため、このカードをどこで使うか、使わせるかも大きなポイントです。

2018年に遊んだトリックテイキング一覧

  • ジャーマンホイスト
  • ジキルとハイド
  • トリプルクラウン
  • ポテトマン
  • ミニミゼール
  • インダルジェンス
  • ハムレット
  • オツカイフクロウの苦労話
  • リベルシ
  • ドッペルコップ
  • コンファーメーション
  • フィプセン
  • コルージョン
  • 森の中のキツネ(フォックスインザフォレスト)
  • ボトルインプ
  • ペッパー
  • 獅子と狛犬
  • 将校スカート
  • ブゥードゥープリンス
  • パスカットラン
  • UGO!
  • アゴニーアント
  • テキサスショーダウン
  • モンスカート
  • Rage
  • CLAIM 王国の派閥
  • ピココ
  • スリートリックス
  • ファルプヴェクセル
  • タントニー
  • ノルウェージャンホイスト
  • Who’s Who
  • フォートリックス
  • 妖怪セプテット

ボードゲームが安い「駿河屋」

ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。